トップページ >> 自覚がなかったのでとても辛い体験になりました

自覚がなかったのでとても辛い体験になりました

火曜日, 5月 16th, 2017 | feufheieiuf | 便秘

便秘には縁がないと思っていた私。旅行時以外はすんなり毎日のように出ていましたが、その辛い体験は急に訪れました。夜、眠りに入ってから2時間ほど経った時でした。お腹にキリキリと激痛が走り、寝ているどころではなくなりました。トイレに駆け込んでみるものの、出ない。

そのうち冷や汗がダラダラと滴り落ちてきて、パジャマもベタベタになり、ただ事じゃないのがわかりました。そうこうしているうちに吐き気までしてきました。吐きたくても吐けない、出したくても出ない。本当に最悪。

気分的には出せそうな気はするのですが、ずっと便座に座ってもいられなくなり、お腹の痛みは何分かごとに波のようにきました。ベッドとトイレを何十回も往復しているうちに、少しずつですがお腹の中のものが出てくれました。

朝方には全部ではないですが大部分が身体の外に出てくれた感覚を感じ、一件落着。途中、いっその事救急搬送でもしてもらった方がいいのではないかと思うくらい誰かに助けてほしかったです。なぜそうなったのかとよくよく考えてみたら、出ていたのはうさぎの糞のようなコロコロしたもの。毎日出ていないわけではないので便秘に通づるものだと、自分で気づいていなかったのです。

かなり知識不足でした。そうでなければこんなに辛い便秘にはならないはずです。今後は、この辛い体験を教訓にしてバナナのような健康な便を目指し、水分を必要なだけ摂取し、運動も適度にしようと思いました。

まずはすぐにできることとして、酵素サプリメントや植物性の便秘薬を購入してみました。合う合わないもあるので、少し続けてみて二度と“夜にお腹に激痛”とならないように、便秘が改善されることを心から望みます。